ブログ一覧   >  ABC検査について

ABC検査について

2017年12月14日

日本人にとって古くから胃癌は非常に重要な病気でした。

1990年代までは胃癌の死亡者数は全癌の中で第1位でしたが、現在は肺がんに抜かれ第2位となっています。しかし今でも毎年約50,000人の患者さんが胃癌で死亡しており、この数は1970年代からほぼ変わっていません。

 

また、胃癌は早期に発見できれば、ほぼ100%治癒する事が可能である治療成績の良い癌であるため、検診による早期発見・治療がとても重要です。

 

ABC検診は、血液を用いた胃がんリスク検診です。

ヘリコバクターピロリ 抗体検査でピロリ菌感染を、ペプシノゲン検査で萎縮性胃炎(胃粘膜の老化)を調べ、 2項目の結果から、将来がんになりやすいかどうかを分類する検診です。

明らかな上部消化器症状のある方、ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を受けた方、 胃切除後や腎不全のある方、胃酸分泌抑制薬 (プロトンポンプ阻害薬) 服用中 もしくは2ヶ月以内に服用していた方は検診の対象外です。また食道・胃・十二指腸疾患で治療中の方も治療が優先され、リスク判定が困難であったりします。

 

くわしくは医師にご相談ください。




ページのトップへ